<![CDATA[ベルギービール喫茶店Cafe Cauda - Belgian Beer]]>Sat, 20 Feb 2016 17:55:47 -0800Weebly<![CDATA[樽生(ラ・シャルルマーニュ)開栓してます&新入荷希少ビール♪]]>Thu, 19 Jun 2014 15:49:47 GMThttp://cafecauda.weebly.com/belgian-beer/9Picture

こんばんは、Cafe Caudaです。

ご好評いただいております、樽生ゲストビールですが
ただいま、シランリュウの「ラ・シャルルマーニュ」をご提供中です♪

8世紀、ビールづくりを奨励したフランク王国のカール大帝にちなんでネーミングされたビールです。

アルコール度数は7%ですが、青りんごのような爽やかな香りでついつい飲み進んでしまいます。

そして、ボトルビール限定入荷です☆
左から

グロッテンビール
デュベル・トリプルホップ2014モザイク
XXXビター

です!

グロッテンビールは、故ピエール・セリス氏が作ったビール。洞窟で1~2ヵ月熟成させた特殊な製法のビールです。レーズンのような風味、なめらかな味わいのアンバータイプです。

デュベル・トリプルホップ2014モザイクは、限定醸造で、毎年異なるホップでドライホッピングされるとくべつなデュベルです。
2014年は、3番目のホップにアメリカの「モザイク」を使用。
マスカットのような風味、葡萄の皮や種を思わせるまろやかで爽やかな苦み。

XXXビターも限定醸造!こちらはかなりのレアビール。
みずみずしいホップの香りと苦みが特徴の「XXビター」、その特徴をさらに追及してうまれた「XXXビター」!
生のホールホップを2倍(アロマホップは3倍)使用、名前に恥じない強烈な苦みとアロマに深いコクがプラスされています。
Picture

左がカンティヨン・グランクリュ・ブルオクセラ。
右がカンティヨン・ビネロン。

ブルオクセラは、日本で唯一味わえる「ストレート・ランビック」。 「グーズ」とは異なり、再発酵のためのブレンドをせずに、 3年間の熟成後、酵母など一切添加せずにボトリング。
 樽発酵中に糖分を使い切るため、泡が全く立たないも特徴柑橘類の渋みを感じさせるドライな味わい、酸味は穏やか!
 <有機原料使用・EUオーガニック認証>

ビネロンは、マスカットを漬け込んだ「フルーツ・ランビック」。 クリーク(サクランボ)が主流の現在では貴重な存在。
 マスカットの風味が生きたとてもマイルドな仕上がり!

飲食店ではなかなかお目にかかれない、珍しいビールと言ってよいでしょう。


奥が深くて深くて深すぎるベルギービールの世界。
どうぞみなさま
五感で召し上がれ!



]]>
<![CDATA[ホメルビア・ドライホッピング(樽)開栓!]]>Thu, 10 Apr 2014 13:40:17 GMThttp://cafecauda.weebly.com/belgian-beer/8Picture
みなさま、こんばんは。

桜の花も散りゆく季節ですね。
日中はまるで夏のように暑くなってまいりました。

そろそろ、あれですね。
昼からビールの誘惑がちらほら。

ちらほら。


せんじつ開栓いたしました、セゾン・デルポメールは
大好評のうちに終了となりました。ありがとうございました!

「それで、次はどうするの?」の
ありがたーいお客さまのお声をたくさんいただき
Cafe Cauda、このまま樽3本立てで行かせていただくことになりました。
ほんとうに、ありがたいです。
ありがたい!
というわけで


ホメルビア・ドライホッピング(樽)を開栓いたしました!
こちらのビール、樽のみ取扱のビールですので
今回、Cauda初登場です!

飲み始めは、ホメル独特の爽やかな苦みと青りんごのような香りが際立ちます。
ゆっくりと飲み進めると、温度変化とともに、甘い香りと穏やかな酸味がやってきます。
完全にぬるくなると、まるで味噌餡のような深みとまろやかさ。かすかに香るホメル独特の草のような香り。

複雑な一体感があり、最後まで楽しめるビールです。
春から初夏にかけて、ぴったりの味わい!
みなさま、ぜひぜひこの機会にお飲みくださいませ!

]]>
<![CDATA[セゾン・デルポメール(樽)開栓してます♪]]>Wed, 26 Mar 2014 12:49:19 GMThttp://cafecauda.weebly.com/belgian-beer/7Picture


みなさまこんばんは。

すこしずつ、春の香りが漂う今日この頃ですね。
Cafe Caudaも、改装から2ヵ月弱。
カウンターもすっかり馴染んできました。

そんなCaudaの樽情報です。

Cafe Caudaでは「ヴェデット・エクストラホワイト」と
「プリムス・プレミアムピルス」の2種類を常時樽でご提供中ですが

カウンター新設後、念願の3本目の樽を3/21よりご提供開始しております、セゾン・デルポメールのご紹介です。
ボトルでは750mlで既にご提供中ですが、今回は樽で登場です。

華やかな香りとともにレモンを思わせる爽やかな酸味、しっかりとした苦みをまろやかな口当たりがつつみこみます。さまざまな味わいが繰り広げられるビールですが、バランスが絶妙です。



温度の変化とともに、花のようなふくよかな香りと爽やかな酸味が増していきます。
ぜひ、ゆっくりと味わいの変化を楽しんでいただきたいビールです。

この味わい、まさに春にぴったり。

20リットル限定ですので、どうぞお早めに!

]]>
<![CDATA[2013クリスマス・ウィンタービール&新入荷☆いろいろ入荷しました]]>Thu, 05 Dec 2013 10:22:30 GMThttp://cafecauda.weebly.com/belgian-beer/2013Picture

みなさまこんばんは。
すっかり冬がやってきました。
12月にはいると
街のあちこちでクリスマスの雰囲気がただよいます。

あ、はい、Cafe Caudaもこっそりいろいろ。
クリスマスツリーもちょぼっと飾らせていただいたり。
なにとはなく、店内が暖かい空気につつまれるから不思議です。


さてさて、Belgian Beer久々の更新です。
久々で申し訳ありません。
夏場にもっと更新しろよ!と、お叱りの声を受けつつ
秋を通り越し、ついに冬になってしまいました。ごめんなさい…。

でも、でもちょうど今が飲みごろなんです。
ベルギービールが本格的に美味しい季節は、まさしく真冬!!
そんなこんなでご紹介いたしますのが、写真のビールです。


右から、グーデンカルロス・クリスマス。まさにフルボディ、スパイス感あふれる濃厚でこってりしたダークエール。
右から2番目、デリリウム・クリスマス。スパイシーかつこってり。上品な香りと苦みも魅力。
真ん中、コルセンドンク・クリスマス。グラスにそそいだ瞬間の、桃のコンポートを思わせる香り、熟成した深いコク。
左から2番目、アベイ・デ・ロック・スペシャルノエル。6種類のモルトやバニラが織りなす繊細かつ複雑な味と香り。
左、何度かお知らせしたホットビール、リーフマン・グリュークリーク。さくらんぼのビールにシナモン・アニス・グローブを漬けた、ホット専用のフルーツビール。甘酸っぱく、じんわり暖かいお燗ビールです。



つづきまして、写真2枚目。

右からサンフーヤン・キュベ・デ・ノエル。しっかりとしたモルト感、スパイシーでフルーティ。濃厚です。
右から2番目、トンゲルロー・クリスマス。そそいだ瞬間ただようりんごジャムの香りとは裏腹に、味わいはスパイシーでキレがあり、とても飲みやすいアンバーエールです。
左から2番目、デ・コーニンク・ウインター。ダークモルトが優しく香り、甘みと苦みが絶妙なバランス。
左、シリー・エンギエン・ノエル。ホワイトレーズンを思わせる優しい甘さ。ウッディさを感じさせる奥深いブロンドエール。
Picture

写真3枚目、こちらは新入荷&久しぶり入荷のビール。

右、シメイ・ゴールド。シメイ4番目のレギュラービールです。スクールモン修道院門外不出のビールがついに商品化。マスカットを思わせる華やかな香りと味。
右から2番目、セリス・ホワイト。ヒューガルデン・ホワイトを復活させたセリス氏のベルジャンホワイト、ついにCaudaに登場です。
真ん中、ストラッフェ・ヘンドリック・クワドゥルペル。エスプレッソを思わせる香り、上品な甘さ。アルコール度数は11%、それを感じさせない仕上がりに。
左から2番目、ストラッフェ・ヘンドリック。なめらかなモルト感、華やかな味わいと香り。バランスのよいトリプルエール。
左、ローデンバッハ・ヴィンテージ2011(限定醸造)。ブレンドを一切せず、ひとつの樽で2年以上熟成させました。オーク樽がもたらす甘く複雑な香りとコクのレッドエールです。

と、いうわけで
この冬入荷しておりますビールのご紹介でございました。
数がすでに少なくなっているものもございます。
寒い冬に、あったかーい店内で
冷えた体を温める、濃厚な一杯。
3段階に温度管理されたベルギービール、ぜひぜひお試しくださいませ!
]]>
<![CDATA[春のおすすめ♪新入荷ビール]]>Mon, 18 Mar 2013 11:05:04 GMThttp://cafecauda.weebly.com/belgian-beer/6いつのまにか、桜も咲いてしまいました。
すっかり春ですね。

春の嵐がふきあれ
花粉は飛び
ああ、春なのに
春なのにと
ついつい口からこぼれてしまいそうになる…

そんなときはベルギービールです!
美味しいビールで、ゆううつをふきとばし
ウキウキを増幅です!

(’と、勝手に思う店主でございます。)



さてさて、今回も新入荷のビールのご紹介です。
Picture
デ・ライト醸造所から
「マ メール スペシャル」(左)
「キュヴェ マンズィール」(右)
でございます。

両方とも、今まであまりお目にかかったことのない美味しさです!

まずは「マ メール スペシャル」。
日本語だと、「私のお母さんスペシャル」
ですが、
輸入元のきんきさんによりますと…

 「Ma mereとは仏語で「私の母」という意味ですが、Amereになると「苦い」を意味し、この二つの意味を掛け合わせたネーミングです。」

だそうです!しゃれてマス!



2種類のベルギー産ホップと
2種類のアメリカ産ホップが使われています。
むむ、苦い!と感じながら
とてもフレッシュな香りがたち
もったりとした上質なクリーミーさも感じられます。

春の季節にはぴったりな味わいです。


さてさて、お次は「キュヴェ マンズィール」。
日本語だと…「成熟した若い女性」…文字にしてみるとびっくりですねこれ(笑)。
マンズィールとは、マドモワゼルの略なのだそうですよ。
こういったネーミングがビールにつけられるのも、ベルギービールの特徴のひとつかもしれませんね。

こちらのビール、ワインに3~4回使われたメドックのオーク樽を使って
数ヶ月熟成されます。
 
レモンのような爽やかな酸味があり
絶妙におりなされるやわらかな熟成された、丸みのある苦み。

なかなか出会わない味わいです!

ぜひ、味わってほしいビールです。




今後も、新入荷が続々登場予定です。
冷蔵庫が悲鳴をあげるぜ!お楽しみに!

]]>
<![CDATA[新入荷ビール、続々登場♪]]>Wed, 06 Feb 2013 15:46:23 GMThttp://cafecauda.weebly.com/belgian-beer/5 Picture

Cafe Cauda、新入荷ビール続々登場中です♪

まずは「ヒューガルデン・スペシャル」。

よく見かける「ヒューガルデン・ホワイト」よりも、ちょっと濃厚な味わいのベルジャン・ホワイトです。

初めてベルギーに行った時、最初の夕食でふらりと入ったレストランで
「ホワイト」とお願いしたら出てきたビールがこれでした。

思い出のビールです。



限定入荷ですので、無くなり次第終了です。








こちらはランビック。ブリュッセル近郊で作られる、自然発酵のビールです。

味わいは酸味があり、さわやか!

今回、「モール・シュビット」の「アウド・グーズ」と「アウド・クリーク」を始めました。
大好きなモール・シュビット!とても嬉しい。

そして…あまりお目にかからない「ドリー・フォンテーヌ」の「アウド・グーズ」「アウド・クリーク」も!



Picture





こちらは、「ホメル・フレッシュハーベスト」。

爽やかなホップの香り、十分な甘み、ふくよかな味わいと苦み。

750mlボトルでのご提供です。

2012年限定醸造です。この機会にぜひ!










右から、アルヴニール、
サンフーヤン・セゾン、
サンフーヤン・ブラックセゾン、
サンフーヤン・グランクリュ。

サンフーヤン・セゾン、グランクリュともに
念願かなってレギュラー入りです。

ブラック・セゾンは限定醸造です。

どれも
ついつい飲み続けたくなる味わい。

Picture

  こちらは「グーデン・アーレント」。

  デ・ライク醸造所の125周年を記念して
  特別に 醸造されたビールです。

  香り高く、上品な味わい。

  750mlでご提供です。

  特別な日などに、
  2~3名さまでいかがでしょうか。

  どんなお料理にもあいますよ。


そしてさいごは、「ヴァンデルギンスト」。
爽やかなレッド・ビールです。

香りがよく、甘酸っぱく
でもこってりしすぎなくて…

一年中通して、美味しく召し上がれます。
そして、
お食事の最初から最後まで、飲み続けられるビールです。

こちらはレギュラーでご提供予定!

ぜひ一度ご賞味ください♪






そんなこんなで…

Cafe Cauda、少しずつですが
ベルギービール、増えております。
開店当初、26種類からはじまりましたが…
おかげさまで、100種類を越えたようです。

寒い日にも、暑い日にも
その日のシーンに合ったビールをご提供できるように
していけたらいいな…と思っております。

一杯でも
どうぞお気軽にお立ち寄りください。


]]>
<![CDATA[あったか~いビール、はじめました]]>Fri, 14 Dec 2012 09:29:53 GMThttp://cafecauda.weebly.com/belgian-beer/4Picture

寒いです。

外は真冬ですね。
お店の中はだいぶあたたかいのですが
開店前、鍵を開けて入ったときのあの冷たいコンクリート感。
文字通り凍りつくような寒さ、冷たさ。


ああ、こんなときにビールなんて…


と、思うお客さまが多いのですが
ベルギービールは、アルコール度数が少し高め。
味わいも、少し濃いめ。
温度も、香りが際立つ少し高め。
秋から冬にかけて、ぐっと美味しくなるビール、それがベルギービールです。


そんなこと言ったって
やっぱり、こんな寒い時にビールなんて…


と、やっぱり思うみなさま。


朗報です。
ほんとうに、あったか~いビール、はじまりました。

「リーフマン・グリュークリーク」

こちらのビールは、60℃位にお燗して飲むビールです。

えっ。。そんなの、おいしいの?
って思うかもしれませんが
美味しいんです。これがほんとうに。

ベースのビールは、オーク樽で熟成させたビール。
さくらんぼを漬け込み、甘酸っぱい味わいです。
そこへ、ホット専用レシピ、シナモンやアニス・グローブなどを漬け込み
益々味わい深いのです。
それを、60℃にお燗して

おそるおそる…まずひとくちやってください。

フルーツ感と、濃厚なボディにうっとりしたあと
胸をフワッとあたたかく通っていくビール。
残った香りの余韻まで、存分にお楽しみいただき
気がつくと、体がポカポカに…

こんなビール、飲んだことない!

…そんな感想でした、ワタシ。

冬ならではの、特別なビール。
去年は冬の途中で完売してしまったので、今年は少し多めに入荷しましたが
無くなり次第終了の限定ビールです!!!

この機会に、ぜひぜひお試しください。

(アルコール度数6%、グラス1000円、ボトル2900円です。ぜひ!)
]]>
<![CDATA[ヴェデット・エクストラホワイト樽生スクラッチキャンペーン☆もれなく当たるよ~]]>Wed, 28 Nov 2012 11:01:52 GMThttp://cafecauda.weebly.com/belgian-beer/3Picture

こんばんは。だいぶご無沙汰してしまいました!
みなさま、風邪などひいていらっしゃいませんか?
うえくさはさっそくやられました。むぎゅ!そしてやっと復活です。

復活したら、ビールですよ!

寒ーい冬だから、あったかーいカウダの店内で
ヴェデット・エクストラホワイトの樽生を
ぐいっとやっちゃってくださいませ~。

このベルジャン・ホワイトとカテゴライズされるホワイトエールは
大麦麦芽と、麦芽化していない小麦を使うのが特徴です。
(ドイツのヴァイツェンは、大麦麦芽と小麦麦芽を使っています。)
そして、コリアンダーやオレンジピールなどの香辛料を使っていることも特徴のひとつ。

日本の法律では
麦芽の含有比率や
使ってもよい材料が決まっていて
コリアンダーやオレンジピール、果物類などを使うと
麦芽の含有比率にかかわらず、「発泡酒」と表記されてしまいます。

(ちなみに、発泡酒表記されていても麦芽使用比率が50%以上を越えると、税率もビールと同じです。
 とても分かりにくいのですが、品名が発泡酒と表示されているベルギービールは
 そのほとんどが麦芽使用比率50%を越えています(比率はラベルなどに表記されています)。
 つまり、ビール表記されているものと、同じだけ税金がかけられています。
 発泡酒と表記されてしまうベルギービールは、
 明 らかに国産の節税ビールとは一線を画すものとわかります。)



このヴェデット・エクストラホワイトも、そういったベルギービールのひとつです。

しかし、よく考えてみてください。

日本のビールの歴史は、明治時代以降、まだ150年足らずです。

では世界のビールは?

お酒の始まり(メソポタミア文明の時代)が、ビールの始まりと言われている、歴史のながーーーーーーいビール。
ベルギービールの独特な発達は、脈々と受け継がれてきた伝統的なもの。

決して、日本でビール表記できるビールこそが「これぞビール!」ではないのです。

ですから、もし、お手にとったベルギービールに
「発泡酒」
と書かれていても
そんなにしかめっつらしなくて、いいんですよ~。

ビールの世界は広いです。
みなさん、日本の中の「常識」にとらわれず
ぜひぜひ、広ーい視野に立って、ビールを楽しんでみてください!
Picture
あ、いけないいけない。
かんじんのキャンペーンです!

ヴェデットを一杯ご注文いただくと

その場でスクラッチくじがもらえます。

その場で削ります。

その場で当たります!

豪華景品多数!

ヴェデット型のUSBメモリスティック!
ヴェデットオリジナルグラス!
ヴェデットオリジナル栓抜き!
バレーボール!

バレーボール?

と、とにかく、豪華景品多数です、
この機会にぜひぜひご賞味くださいませ!

]]>
<![CDATA[おもしろいグラスたち]]>Thu, 01 Nov 2012 13:13:57 GMThttp://cafecauda.weebly.com/belgian-beer/2こんばんは。秋めいてきました。
このまま冬眠したい気持ちが高まるうえくさです。

さてさて
ベルギービールについて、色々ご紹介したいなと思いながら
どこから手をつけたらいいものやら…と考えておりました。

それで

すっごく美味しいビールから、とか
ベタに考えたんですけど
美味しいんです、全部。すっごく。

途方にくれながら
ふと
ベルギービールにはまっていったころの自分を
思い返しました。

変なグラス!!

ベルギービールと言えば
ほとんど、すべてのビールに専用グラスが用意されているのですが
「え、なんすかこれ」とか思わず言いたくなるような
そんなグラスありましたよね、って思いました。

おもわず、ププっとくる…
こんな…


Picture

はい、こんなグラスです。

これは「パウエル・クワック」というビールで
ほのかに甘く、飲みやすく…

ほんとうに美味しいビールです。

決して、奇をてらったわけではありません。


これは



ホテルも経営していた醸造所で働く馬車の御者が馬車で飲むために作られたグラスなんですって。

つまりあの木の部分が馬車にくっついていたのです。
つまりドリンクホルダーですね。

馬車の御者さんは
ビールを飲み飲み、お客さまをお待ちして、ホテルの送迎をしたのだとか…


だめですよ、飲酒運転は!!


そんなツッコミを入れたくなるビールです。
(もちろん、今ではそんな馬車は走ってないですよ。念のため…。)


もうひとつ。

これは「モンゴゾ・ココナッツ」というフルーツビールの、グラスです。


グラスです。



…ほんとうです。
ちなみにこのグラス、日本では流通していません。
これはベルギーに行ってきたときに仕入れてきました。

これで飲むと
泡立ちがきめ細かくなって美味しいです。
みなさんも
種類が多くて困った時に
グラスのおもしろさで選んでみるのも
楽しいかもしれませんよ。
Picture

]]>
<![CDATA[ベルギービールへのこだわり]]>Fri, 12 Oct 2012 10:11:55 GMThttp://cafecauda.weebly.com/belgian-beer/1Picture

2009年にオープンしたCafe Cauda
ベルギービールが楽しめる喫茶店として開店しました。

開店当初は26種類のベルギービールを取り扱いでした。
香りと味わいともに、ひとつとして同じものがない。

それがベルギービールの特徴です。
お客さまにいろんな種類のビールを楽しんで頂きたい。

そうして、どんどん種類を増やしていった、結果。
今では100種類程にまで、品種が増えてしまいました。

味わいも香りも違う、
ベルギービールを最高に楽しんでいただくために。
それぞれ、保存方法もグラスもかえています。




冷蔵庫も3種類 4度 8度 12度 
それぞれのビールの種類によって、一番おいしい温度があります。


グラスも、ビールの品種ごとに形と大きさが違います。


Picture

こちらがゆっくりと

味と香りを楽しんで貰うためのグラス。

左 聖杯型 
右 チューリップ型


Picture

こちらがタンブラー型

こっちはぐいッと

飲みほしいたい方に

おすすめ


当店では3%~12%まで、アルコール度数もいろんなものをご用意しております。


ベルギービール喫茶店なので、飲みたい方も飲めない方でもお気軽にお越しください。


ほそぼそとやっているので大勢みえる場合は事前にご予約いただけると助かります。
]]>